読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せめて雰囲気美人になりたい。

雰囲気美人を目指すアラサ―OLのブログ。化粧品コスメの口コミや美容情報を紹介します。

【女磨き・美容本】「石井美保のBeauty Style」を読んでみて

スポンサーリンク


現在活躍されている美容家さんはたくさんいらっしゃいますが、私がお慕いしているのは石井美保さんというお方。

 

可愛らしく華やかで、年齢を全く感じさせないその見た目、雑誌でお見かけした彼女流の美容レシピや美に対する考え方に共感し、感銘を受けていました。

 

本を出されていることを知り、すぐさまアマゾンで購入。届いた本を手にとって一言、あぁかわいい・・・

f:id:annwahaha:20160817144111j:image

表紙はもちろん、使われている写真1枚1枚、フォント、レイアウト、イメージカラー、すべてが可愛くて、石井さんのこだわりが詰め込まれた1冊なんだな~と大興奮!石井美保ワールドにぐいっと引き込まれてしまいました・・・♡

 

ここでは、この本を読んでみて思ったことについて綴って行きたいと思います。 

 

 

★ここに共感しました

  

・美人の定義

美人かどうかを決めるのは顔つきじゃなく、その人がまとうもの 

ー「石井美保のBeauty Style」より

顔がすごく綺麗に整っていても、しゃべると「あぁ・・・」って思う人いますよね。そうすると美人という部分よりもマイナスな面ばかりが気になるようになってしまいます。

 

美しさは、表情や仕草、言葉遣いなりににじみ出るもの。その人となりに触れて感じるものだと思います。

 

見た目よりも中身が大事とはよく聞くけど、これは綺麗ごとではなく本当のことだな~とこの年になってようやく実感できるようになりました。お肌はもちろん、内面も磨いていけたらなと思います。

 

 

・自分の持ち味を活かす

ないものねだりは美を遠ざける ー「石井美保のBeauty Style」より

昔は、ないものねだりばかりしていました。自分に自信が持てず、可愛くて綺麗な人の真似マネまね。でも、髪型にメイクにファッションにといくら真似しても、自分は全然可愛くなれなくて。

 

いつからか雑誌のメイクHOW TOコーナーは熱心に読まなくなりました。同じ通りにやっても骨格やパーツが違えば仕上がりが全然変わってくる。その落差に落ち込んでしまいそうだから。

 

誰にでも顔のコンプレックスはあるもの。それを隠そうとするより、いかに可愛くチャームポイントとして活かすことができるかがメイクの醍醐味。

 

今も自信はありませんが、コンプレックスを受け入れることで、メイクの仕方だったり顔の角度だったり、自分が良く見えるポイントがわかったことで、誰かのマネばかりしていた昔よりは自信が持てるようになったかなと思います。

 

 

 ・横顔を知ること

横顔を知らずにメイクをするとブスになる ー「石井美保のBeauty Style」より

 初めて三面鏡で自分の横顔をまじまじと見た時「このブス誰やねん!」と驚きのあまり関西弁になってしまったことがあります(笑)

 

横顔を知ってから気を付けるようになったのが眉毛とチークです。おでこがペタンコで、頬がぷっくりしているので、正面からは問題なく見えても、横や斜めから見た時にものすごい違和感があって。

 

デートの日は特に入念に、色んな角度からチェックします。横にいることが多いので、真横はもちろん斜め上からも確認。下からも忘れずに。エスカレーター乗ったとき、下からのぞかれるとドキっとするから…笑(悪い意味でね)

 

横顔と言わず、全方位、綺麗を目指したいですよね。

 

 

・シンプルネイル

 ネイルはヌードピンクが定番。ファッション性より、指先を綺麗に見せてくれるかどうか

ー「石井美保のBeauty Style」より

私もネイルは、肌に馴染むヌードピンクでシンプルなものが好きです。可愛いデザインにも惹かれるけど、一番大事なのは手元が綺麗に見えるかどうか。年齢を重ねるにつれて特にそう思うようになりました。

 

 

★真似して取り入れたこと

 

・肌アイロン

「 一度できたシワを消すなんて無理なのでは?」答えはNOです。

ー「石井美保のBeauty Style」より

シワが気になる部分を指で伸ばしてアイロンのように化粧品を浸透させると 、次第に周辺のお肌がふっくらしてシワが目立たなくなるそうです。私は頬の肉が多くてほうれい線が目だちやすいので、さっそく取り入れました。

 

 

・夜より朝のスキンケア

夜のじっくりケアよりも、朝の20分ケアが美肌を作る! ー「石井美保のBeauty Style」より

 これは納得です。夜は、紫外線もなければ排気ガスまみれの外気に触れることもない。でも日中は様々な刺激が肌に襲い掛かりますよね。それなので、夜よりも朝のお手入れを入念にするべきなんだとか。

 

私、夜はしっかりケアするけど、朝は忙しいのでちゃちゃちゃっと済ませちゃうことが多かった・・・!さすがに20分はできないけど、もう少し朝のスキンケアに時間をかけてあげようと思いました。

 

 

・コンシーラーに頼らない

カバーしたいところこそ薄く薄く重ねる ー「石井美保のBeauty Style」より

 隠そうとすればするほど、いかにも隠しました感が出る。特にコンシーラーは油分が多く厚塗り感が出やすいアイテムですよね。ベースメイクでは、カバー力よりもナチュラルさを大事にしているので、あまりコンシーラーは使いません。

 

ナチュラルにするぶん、多少の粗は仕方ないか~と思っていましたが、ファンデやお粉をミルフィーユ状に重ねることで、コンシーラーを使わずとも綺麗にカバーできるんだとか。やってみよう。

 

 

・似合うモノの追求

 流行りの服よりも、自分に似合う服が綺麗な印象を連れてきてくれる

ー「石井美保のBeauty Style」より

 これはとっても共感しました。私も流行りものや可愛いって思うものより、自分に似合うかどうかで服を選ぶようにしています。おもしろいなと思ったのが、美保さんの場合は自分に似合う定番スタイルまで決めているということ。

 

こういうのは似合うかな?ってふわっとしたものはあるけど、確固たる自信はない!今まで以上に客観的に見て、自分に似合う色・デザインについて追求してみようと思いました。そしたら洋服選びももっとスムーズになるんだろうな。 

 

 

 

以上、個人的に気に入ったフレーズを抜粋してみました。全体的に、共感したり納得できるお話が多くて、すごく読みやすくて吸収しやすかったです。

 

美保さん愛用のスキンケアアイテムもたくさん紹介されていたのですが、どれもお高いものばかりで、その点はびっくりしてしまいましたが・・・スキンケア・美容ルールなどはじゃんじゃん取り入れたいと思います。

 

う~ん、まだまだご紹介したいお話はたくさんあるのですが、ここでは書ききれないし魅力を伝えきれない!!気になる方はぜひ手に取って、フェミニンパワー全開の石井美保ワールドを堪能してみてください♡

石井美保のBeauty Style

石井美保のBeauty Style